お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

記事一覧

退去の際の「原状回復義務」とは??

カテゴリー:不動産賃貸のQ&A  2018年07月04日(水)
1、原状回復義務とは? 賃貸借契約の解除の際、敷金返還のトラブルとして「原状回復」という言葉が出てきます。 この原状回復は賃貸借契約で負う義務となり、民法で定められているのです。 一言でいうと、原状回復とは部屋を「元に戻す」、原状に回復することで、入居前の状態に戻すことを言います。 ただし、経年に伴う劣化や破損を除き、入居者の故意や過失による破損や汚れを修繕することが対象です。生活に伴い劣化したり・・・

記事を読む »

1、敷金とは 敷金は、賃貸借契約の際に発生したオーナーさん側の損害(家賃滞納、部屋の修繕等)を担保する目的の金銭で、家賃の1・2カ月分が相場となります。賃貸借契約の場合、大半は敷金が必要となります。 これは、オーナー側が家賃滞納や夜逃げ、部屋の破損のリスクを回避するためのものなのです。敷金はオーナー側に生じた損害を担保する目的の金銭であるため、それを清算した後には返済義務のあるお金であるとされてい・・・

記事を読む »