お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

記事一覧

昨今、家具付きの賃貸アパートやマンションが増えています。入居者にとっては初期費用節約、入居時と引っ越し時の家具家電の購入負担が減りメリットが大きいようです。 とても便利な家具付き物件なのですが、近年これらを巡ってのトラブルも増加しています。 家具家電付き物件は注意が必要? 備え付きの家具・家電はベッド、デスク、ソファー、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など生活に必要な家具の殆どがレンタル可能です。・・・

記事を読む »

不動産会社への民法改正の影響2  前回は、①2020年頃に、改正民法が適用されるよ!、②それまでに、その対策をしないといけないよ!といったお話しでした。今回は、不動産売買と、不動産賃貸で簡単に気を付けないといけない改正ポイントをお話しいたします。 【不動産売買】  今まで瑕疵担保責任と呼んでいた土地や建物に不備があった場合の責任が、「契約不適合責任」というものに変更されます。今までは法律が、予定し・・・

記事を読む »

不動産会社への民法改正の影響1  前回までクレーマー対応①~④と、クレーマーについてお話ししてきました。最近は、「消費者保護」というお題目の反面、それにつけこんだ「クレーマー」被害が増えてきています。抱え込まずにお気軽にご相談するようにしてください!今回から、年末にかけて、「民法改正」の影響について少しお話しいたします。  皆さんが、普段から使う契約書でも、調べることは、宅建業法とか、消費者契約法・・・

記事を読む »

不動産取引の相続  基本の基本1  前回までは、契約書の大切さや、作成するときに気を付けるポイントなどをお話ししてきました。一言で、まとめると、「話合いの内容を紙で残す」というのが一番のポイントでした。  さて、今回からは、お盆のシーズンということで、不動産と切っても切れない『相続』についてお話ししたいと思います!  実際、ここ数ヶ月で、顧問先の不動産会社を通じて相続のご相談が立て続けにきたんです・・・

記事を読む »

契約書、覚書の書き方の具体例  前回のニュースレターでは、契約書や覚書で特約など記載するときには、「誰が」、「何をする。」と記載するように意識して書けば、トラブルにならない記載ができる、というお話しでした。  今回は、少し具体例をみたいと思います。これは、覚書のチェックのご依頼で、少し手を加えさせてもらったものです。 【もとの記載】 ①乙の敷地もしくは乙の建物の所有者が変更になる場合には、〇〇の使・・・

記事を読む »

覚書、契約書の書き方、基本の基本 ~「誰が」、「何をする。」~  前回のニュースレターでは、①口約束だと、後から揉めるので、「とりあえず書面で残す」のが大事だよ!、②「覚書」などでも残しづらいなら、メール、ショートメッセージ、ラインなんかでも証拠になりますから、とりあえず文字で残しましょう!というお話しでした。  では、実際に「覚書」「合意書」を記載するときに、どんなことに気を付けないといけないの・・・

記事を読む »

まずは書面に残すこと!! ~覚書、特記事項の重要性~  前回、前々回のニュースレターを、一言で言い直すと、 契約書の内容は、①「トラブったときのスタートポジションを決めるよ!」、②契約書が有利だと、「裁判のときに強くでれるから、その前段階の交渉でも強くでれるよ!」といった内容でした。  では、実際に契約書を記載するときに、どんなことに気を付けないといけないのか??  一番気を付けないといけないのは・・・

記事を読む »

2017年6月22日 川崎FMラジオ「不動産・相続お悩み相談室」 第114回 「失敗事例に学ぶ!不動産投資の契約書で気をつける3つのポイント」 http://www.fudosan-consulting.jp/radio/backnumber/20170622/  不動産法務の専門家ということで、川崎FMラジオ「不動産・相続お悩み相談室」にゲスト出演させていただきました。 第114回 「失敗事例に・・・

記事を読む »

実際、トラブルって、どう解決してるの?! ~契約書の重要性②~  皆さん、不動産取引に携わっていると、多かれ少なかれ、トラブルって生じてしまいますよね。ちょっとした説明の不足、忙しくて粗雑な対応をしてしまった、クレーマーみたいなお客さんだっているかもしれません。  そんなとき、どうやって解決しているでしょうか。まずは、話し合いですよね。それは、弁護士だって同じですし、裁判になっても同じなんです。 ・・・

記事を読む »

契約書って、どんな意味があるの?! ~契約書の重要性①~  皆さん、不動産取引のときには、当然、契約書って作りますよね。そんな当たり前に作る契約書ですが、実際にトラブルになったときに、どんな役割を果たすのか、ご説明したいと思います。  そもそも契約書って、なんで作るのでしょうか?本来、契約っていうのは、口約束でも成立するんですね。ただ、口約束だと、後からどんな内容の契約だったのか、分からなくなって・・・

記事を読む »