お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

どんな相談にも柔軟で素早い回答をいただけるのは、高い専門性を持った山村先生ならではです – 株式会社物件王

2018年03月19日(月)

建築・リフォーム会社の不動産新規参入をサポートする「物件王」の運営の他、関市・美濃市を専門に不動産・土地・新築・中古住宅の仲介業も行う株式会社物件王様。顧問弁護士としては山村弁護士を選んだ最大の理由は、高い専門性による信頼感と、気軽に相談できるスピード感でした。
株式会社物件王 専務取締役 中村 真也様

知人から不動産専門の弁護士として紹介されたのがきっかけ

物件王様の事業内容について教えてください。

中村様:建築・リフォーム会社の不動産新規参入を一括でサポートする「物件王」というサービスを運営しております。また、関市・美濃市を専門に不動産・土地・新築・中古住宅の仲介業も行っています。

山村:不動産新規参入支援と仲介業という、異なる種類の事業を展開されているのはユニークですね。

中村様:実は事業としては「物件王」が先に始めたもので、仲介業が後なんです。物件王でお客様に提供しているノウハウを裏付けるために自社で実践しているというわけです。

物件王様が山村弁護士と顧問契約を結ぶことになったきっかけは何だったのでしょうか。

どんな相談にも柔軟で素早い回答をいただけるのは、高い専門性を持った山村先生ならではです - 株式会社物件王

中村様:もともとはご紹介ですね。以前、建築系のITツールを提供する会社にいたのですが、そちらの社長に不動産分野を専門にしている弁護士の先生がいるとお聞きして依頼することにしました。

山村:それ以前には顧問弁護士は、いらっしゃったのですか?

中村様:いえ、相談できる弁護士の先生がいなかったので、宅建業に詳しい方に法律について教えてもらうという感じでした。といっても相手も法律の専門家ではないので、100%それでいいのかは、お互いにわからなかった部分はありましたね。

そもそも、建築業界・不動産業界で顧問弁護士をつけている会社はそんなに多くありません。この業界に長くいる企業と仕事をしたとき、先方が用意した売買契約書を山村先生に見ていただいたのですが、いろいろと法律的な穴が見つかりました。ということは、彼らも弁護士にチェックしてもらっているわけではなくて、今までのノウハウや慣習から契約書を作っているだけなんですね。これまで問題がなかったから、今後も大丈夫だろうと考えているのだと思います。

そんな中で中村様は山村弁護士に顧問契約を依頼されました。

中村様:今まで相談していた宅建業の経験者だと宅建法以外の法律のことについては「たぶん、こういうことです」くらいの回答だったのが、山村先生になって「これは確実にこうです」になったことは大きいですね。安心感が違います。

気軽に相談できて、早ければ1時間以内に回答が返ってくる

普段、どのような依頼をされているのでしょう。

中村様:不動産会社の特殊な覚書といった契約書のチェックや、弊社のコンサルティングを受けている会社で生じた法律相談にも対応していただいています。不動産売買でのお客様が抱えている法的な悩みなどにもアドバイスをいただいています。

他の弁護士ではなく、山村先生を選ばれた理由は?

中村様:スピード感と専門性です。弁護士の先生って、突発的なトラブルが生じても相談できるまでに時間がかかるイメージが強かったのです。たとえば、明日に必要な契約の書面を検討した結果、トラブルが発生しそうだなと思ったとします。普通の弁護士の先生ですとそこから相談しても明日にはとても間に合わないんですね。

そんな状況でも、山村先生なら状況やスピードに合わせてスピーディーに回答をくれます。電話やメールではなく、チャットワークというチャットツールで相談を受け付けていただけるので、「ちょっと聞いてみようかな」という気軽さで相談できるのです。レスポンスもかなり早くて助かりますね。

ちなみにどれくらいのスピードで回答をいただけるのでしょう。

中村様:ほぼ1時間以内には返ってきますよ。

山村:チャットなので電車内でもチェックできますからね。細かな法律の確認が必要だったり、文書の作成や調査には多少お時間をいただきますが、可能な限り早めに回答しております。

中村様:すぐに回答できない場合でも、「こういう理由があるので、いつまでに回答します」といったお答えはすぐにいただけるんですよ。ああ、見ていただけたんだなということが、わかるので安心できますね。

業界を知っているからこそ杓子定規にならない対応ができる

山村先生を選んだもう一つの理由は専門性ということですが。

中村様:山村先生は宅建業だけでなく不動産仲介業にも精通しておられるので、法律とビジネスのバランスをとった、ちょうどいいアドバイスをいただけるのです。これが一般の弁護士ですと、契約書作成ひとつとっても杓子定規になりがちで、「そこまで契約書に入れてしまったら相手は買えないでしょ」という内容になってしまうこともあります。山村先生はそうした不動産ビジネスの構造を理解した上で、売り手と買い手双方のことを考えた回答をいただけるのです。これは不動産を専門にしているからこそですよね。

山村:そうですね。不動産って実は宅建法以外にもいろいろな法律が絡むんです。たとえば売買契約の途中で土地の所有者が亡くなってしまうこともあります。すると、不動産に加えて相続関係の法律が絡む問題になります。不動産ではこうした思わぬトラブルが発生するケースがあり、業界についての知識や経験がない弁護士では対応できなかったり、回答が遅くなったりするでしょう。

中村様:不動産はひとつとして同じものがなく、100万円や200万円といった大きな金額が平気で動く特殊な世界です。そうした業界のことを相談するなら、高い専門性からくる柔軟さとスピード感をあわせ持った山村弁護士しかいないと思います。

どんな相談にも柔軟で素早い回答をいただけるのは、高い専門性を持った山村先生ならではです - 株式会社くらそか

山村弁護士は業界を一緒に変えていくパートナー

御社にとって山村弁護士はどのような存在でしょうか。

どんな相談にも柔軟で素早い回答をいただけるのは、高い専門性を持った山村先生ならではです - 株式会社くらそか

中村様:外注で頼んでいる”弁護士先生”ではなく、一緒に会社や不動産業界を盛り上げていくパートナーだと思っています。建築や不動産業界はまだまだダーティーなイメージが多い業界です。そんな状況を変えていくのに山村先生は心強い存在ですね。

山村弁護士への依頼を検討している他の企業に向けてメッセージをお願いします。

中村様:弁護士というと堅くて相談しづらいイメージがありますが、山村先生は気さくで本当に相談しやすいです。山村先生があまりにも忙しくなると困るので、僕からすると紹介したくないくらいですよ(笑)。

(*)平成30年4月1日の社名変更に伴い、記事本文を修正しました。

  |