お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

不動産建設業の方へ

「工事の不具合があるって?!もう何年も前の工事なのに・・・」

%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91確かに、少し落ち度もあったけど、
ほとんど老朽化のせいじゃないか・・・
なのに、建物全体の責任を取れだなんて、、、

「今さら工事代金を払わないだって?!
それは、ミスじゃなくて、そっちの指示だったじゃないか」

連絡ミス、工事不具合のトラブルは、尽きることありません。

こんなトラブル、皆さん、ご経験ありませんか。

建設業・工務店をやっていると、こんなトラブルは日常茶飯事に出てくると思います。

工事のトラブルは、原因がどこにあるか見つけるのがとても難しくて、
何かあると、お互い責任のなすりつけ合いで、
すぐにトラブルになってしまいます。。。

こんな火種を放置していると、
・高額な損害賠償金を請求されたり、、、
・仕事したのに代金をもらえなかったり、、、

といったことになりかねません。

%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92ただ、こんな工事、建設業のトラブルの9割は、
工事の内容や連絡を記録化しておらず、
トラブルのとき、どこに責任があるか、分からないことから生じるのです。

といっても、期限の迫った工事工程の中で、、、
トラブルに備えて連絡内容を記録化するなんて、
とてもできないでしょう。

そこで、私が顧問弁護士として、
工事の発注、工事の進行、工事代金の清算のときに、
皆さんのリスクマネジメントを行います!!

要するに、訴訟など、トラブル対応を専門とする弁護士の立場から、
・きっちりと工事のためのポイントを押さえて、
・その内容等を証拠化します!
・いざ言いがかりをつけられても、責任を明確にしているので、

不当な言い分に屈しません!!

建設業のトラブルは、額が非常に大きく、
一度トラブってしまうと、一気に会社が、大変なことになりかねません。。。

本業に専念するため、リスク管理は、
顧問弁護士にお任せ願えませんか?!

建設業、工務店を専門とした弁護士が、
あなたのお悩みに即時にご対応いたします!!