お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

記事一覧

事案  体験農園といった形の新規のサービスを開始したいということで、その企画段階から関係規制業法のリサーチの依頼を受けました。農園となると、かなり規制が複雑で、かつ、今回は2社での共同事業かつ、付随施設には建設業法も絡んでくる、というかなり分量の多いリサーチ業務でした。 「農地」の特殊性  農地というのは、特殊だというお話は聞いたことがあるでしょうか。通常土地は、所有者の思いのとおりに、売ったり買・・・

記事を読む »

事案 知り合いの不動産屋からの相談で、「うちの社員が対応悪かったのは事実なんだけど、過剰にブログや口コミで、悪評書いてきてる人がいて・・・」「弁護士の先生ならこういうの消せるんですよね?先生ネット削除もやりますか?」というお話でした。 何でも消せるようなわけではない まずは、その書き込み自体を拝見させてもらいました。この手のご相談の数は非常に多いのですが、前提として、弁護士でも「何でも削除できるわ・・・

記事を読む »

事案 半年前に独立した従業員が、どうやら、お店の顧客名簿を利用し、営業しているというご相談を受けました。まだ、独立したのは、20代の若い方ということです。 証拠はあるか 弁護士的には、どうしても、その方が、「会社の名簿を利用している証拠」があるのか、ということを考えてしまいます。また、顧客名簿の利用といっても、もともと会社で扱っていた案件を横取りした・・・といった悪質性の高いものではなく、あくまで・・・

記事を読む »

事案 5人規模の不動産会社の社長から受けたご相談でした。もともと頑張ってやっていた従業員だが、自分で開業したいとのことで、独立すること自体は円満に認めてやっていってほしいとのことでした。 しかし、人数の少ない会社だし、ほかの従業員とも仲が良いので引き抜き行為があったら困る、弁護士のほうで対処しておくことはありますか、といったご相談でした。 不動産業界に多い問題 不動産業界では、このようなご相談をい・・・

記事を読む »

事案 地方の老舗的な建設会社の事案です。1年ほど前に、合意して辞めていった従業員が、労働基準監督署も挟んで残業代も支払ったのに、「残業代が不当な内容だった」「退職に合意していないのに解雇された」「違法な業務をしているから警察に通報した」などと、会社側に要求してきた事件です。 (ヒヤリング) 会社側の現場責任者、経理担当者と、まずはヒヤリングを進めました。そうすると、以下のことが分かりました。 ・残・・・

記事を読む »

事案 今回は、社長が、既に70代とご高齢で、これまで地道に丁寧に仕事を続けて大きくしてきたという建設会社の社長からのご相談でした。もともと目をかけていた番頭さんと数年前に揉めてしまい、番頭さん始め有望視していた従業員が固まって辞めてしまったということでした。そんな中、その従業員の一人から会社に対し、残業代の請求が、弁護士を通じてなされました。 有望視していたがために・・・ ご縁あって、私のほうでで・・・

記事を読む »

事案 もともと経営していた会社から追い出されて、刑事事件になると脅されている、と男性の相談者からご相談を受けました。お話を聞くと、もともとは、事業の運営が難しくなった後輩女性経営者の会社を、吸収合併のような形で吸収し、今は、お互い「50%-50%」の株式をもち、お互い代表取締役という形をとって、会社を経営していたということでした。 そんな中、男女間の仲が悪くなり、女性経営者のほうから、「横領があっ・・・

記事を読む »

事案 5年ほど前に、先代から今の社長へと切り替わった会社でした。役員も親戚が並ぶような同族会社です。やはり、家族経営というのは、うまくいっているときは良いのですが、感情面などこじれると、根が深い対立が生じます。 今回の案件は、親戚の株主から、「今の社長の経営方針が信じられない」「経営資料を株主に開示しろ!」という要求がトラブルの出発点でした。 顧問弁護士が付いているのも、相手も分かっているので、最・・・

記事を読む »

事案 長年勤めた従業員の方が、1年ほど前に辞めることになりました。会社が事業を整理するということと、その従業員も、ちょうど高齢になり、引退も目前という状況だったからです。 辞めた理由も会社都合にし、会社の業績的には厳しいところもあったのですが、やはり長年勤めてくれたので他の従業員よりも高額な退職金を支払っていました。 突然の労働審判 現在の代表取締役は、8年前に先代から会社を引き継ぎ問題なく、事業・・・

記事を読む »

事案 いわゆる地元の不動産を扱う会社でした。3年前に、先代社長が引退。50歳の3代目社長が、既に代表取締役として現場を仕切っていた。なのに、業績が上がらないと、先代と現代表取締役の関係が悪化。 先代の代から、同族会社だったこともあり、会社法上の手続でやっていないものもあったので、先代が、株式総会の手続など、自分のときからやっていない手続違反を理由に訴訟を提起。 私は、約1年半後の判決まで、現在の代・・・

記事を読む »