お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

記事一覧

離婚における不動産問題とは?

カテゴリー:不動産売買のQ&A  2018年09月12日(水)
厚生労働省の平成27年度の調査結果では、日本人の離婚率は現在約35%と発表されています。これは3組に1組の夫婦が離婚することを意味しています。このように身近になった離婚ですが、よく夫婦間でトラブルになるのが「不動産問題」です。 今回は離婚時における不動産トラブルについて紹介いたします。 離婚によって夫婦の不動産はどうなるの? 離婚をする場合、夫婦の財産分与について話合う必要があります。現金、預金、・・・

記事を読む »

不動産競売物件の基本と注意点

カテゴリー:不動産売買のQ&A  2018年09月10日(月)
不動産を購入する場合は不動産会社に売買や仲介を依頼して購入することが多いのではないでしょうか。しかし、不動産の購入には、裁判所で行われる競売に参加することで物件を購入するという方法も存在します。 そもそも競売物件とは何か? 競売物件は裁判所が行う競売に出されている物件です。競売物件には不動産を担保にお金を借りたけれども、結果的に返済ができず債権者によって差し押さえられた不動産という背景があります。・・・

記事を読む »

不動産賃貸契約では予想できないトラブルに巻き込まれてしまうことがしばしばあります。 そのようなリスクを減らすためにも、不動産賃貸契約における典型的なトラブル事例を知っておくべきと言えるでしょう。 事例:申し込み後の撤回を断られたら絶対に入居しなければいけない? Aさんは賃貸アパートを探していたところ、気に入った物件が見つかったためB不動産会社に連絡を入れて、Aさんは口頭で申込の意思を伝えました。 ・・・

記事を読む »

不動産取引における土地購入のトラブル事例とは? 不動産取引は高額な場合が多く、その取引内容も複雑なことからトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。今回は不動産取引における気を付けるべきトラブル事例について紹介いたします。 登記簿上の面積と実測が違う 住宅所有目的で土地を購入した場合、登記簿記載の面積と実測面積が異なるというトラブルが想定されます。面積のずれが大きければ希望の間取りで住宅を建てら・・・

記事を読む »

不動産購入でトラブルに合わないためにも業者選びは慎重に 不動産取引においてどこの不動産業者を選択するかとても重要です。不動産業者と一言にいっても、免許の種類や業種、業態によってそれぞれ特徴があります。 不動産会社を選ぶ際のポイント 不動産会社は、デベロッパー(大手、中堅不動産会社)、建設会社、ハウスメーカー、工務店などに分けられます。 これらいずれの名称でも不動産業を行うためには宅建業の免許が必須・・・

記事を読む »

不動産売買で買主が行方不明になってしまった 事例:買主側が手付金を支払っているのに行方不明? 親が住んでいた一戸建て物件を中古物件として売り出したAさん、取引も円滑に進み手付金の支払いも受けて引き渡しの準備を進めていたところ不動産会社から次のような連絡が来ました。 ・買主が手付金を支払ったまま連絡がとれなくなった ・配偶者や家族はいない ・親族も心当たりはないとのこと 手付金まで支払っているのに、・・・

記事を読む »

心理的瑕疵物件って何? 心理的瑕疵物件とは、(しんりてきかしぶっけん)と読みます。瑕疵とは不具合のことを指します。心理的瑕疵物件とはいわゆる訳あり物件のことを指します。 具体例 ・物件で自殺があった ・物件で殺人があった ・物件で事故死がある ・物件で事故、火災、重大な事件が起きた ・近くに暴力団の事務所がある 不動産そのものには、何の問題もありません。しかし、入居した人が心理的に負担や恐怖を感じ・・・

記事を読む »

友人からマンションを購入したけれども未払い組合費がある 個人間での不動産売買はトラブルに発展するケースがあります。今回はそんな事例について紹介いたします。 モデルケース 甲は友人乙が居住していたマンションを安く譲ってもらえるということで、不動産会社を介さず売主乙のマンションの一室を600万円で購入しました。 しかし、その後マンション管理組合の理事長より友人乙のマンション管理費の滞納が200万円分あ・・・

記事を読む »

不動産売買はどうすれば成立するの? 不動産の購入は高額な取引が多く、そのため売買の際にはトラブルに発展するケースもしばしばあります。不動産の購入を不動産会社に申し込みすると、「重要事項説明」という物件に関する情報や、取引に関する重要事項の説明を受けます。 そして、十分に説明に納得した場合に売買契約を締結します。 しかし、実はこのプロセスにトラブルのポイントがあります。本来の趣旨は契約締結前に物件を・・・

記事を読む »

相続の時に何かとトラブルになるのが不動産です。相続の時には、現金と不動産が残っているケースでは不動産を相続した人は、不動産の価格分差し引かれた分しか現金を相続できないことがあります。 このようなケースで不動産の評価額はどのように決まるのでしょうか? 不動産の価値は一物四価と言われている 不動産は一物四価と言われています。これは、一つの「物=不動産」には四つの評価方法があるという意味です。不動産の評・・・

記事を読む »

次のページへ »