お問い合わせ

電話・メール・チャット相談料無料

045-680-0572

[受付時間] 9:00~19:00

不動産売買業の方へ

大学の親友が、不動産会社に就職したのですが、
今では大きな取引も一人で出来るようになったと、
ますますやりがいを感じているそうです!

不動産取引の魅力は、「二つとない物件と、お客様を巡り合わせる」こと、
だと豪語しています!!

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e5%86%99%e7%9c%9f1​同級生の口から聞くと、むずがゆいところもありますが、、、、、
不動産は、同じものはないですし、気に入らないと簡単に買い直せませんから、
​お客様のニーズにあった物件を、どうやって見つけてこれるか!!
​非常に面白くて、やりがいのある仕事だと、私も思っています。​​

ですが、、、
気を付けないと、、、
​こんな落とし穴もあるのです、、、、、。

「最初の話しと違うじゃないか!」
契約直前で、相手が全く違う条件を持ち出してきた。。。
でも、話がまとまらないと、買主さんに怒られてしまう。。。

「こんなこと、聞いてないぞ!」
契約前に、ちゃんと説明したのに、、、。
今になって聞いてないだなんて、、、。

こんなトラブル、皆さんご経験ありませんか?!

不動産取引をやっていると、このような「言った、言わない」のトラブルは、
日常茶飯事に起きてしまいます。

不動産取引は、金額や条件といった「商談」の部分で、
もともと対立関係にあります。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92そのため、何かちょっとした不具合や、納得いかない条件がでてくると、
すぐさま紛争に発展してしまいます。

このような火種を放置していると、

・高額な訴訟に発展したり、、、
​・大きな取引が、契約直前でダメになったり、、、
​・仲介したお客さんから、逆恨みされたり、、、

といった事態になりかねません。

こんなトラブルの9割は、
「商談」に夢中になるあまり、リスク管理を意識せず、
問題が起きてから、法的に対処することにあるのです。

といっても、「商談」しながら、違う視点から法律まで意識する方は、
なかなかいないでしょう。

「商談」の最中から、法律のことばかり考えていると、
大事なチャンスを逃してしまいます。。。。。

そこで、私が顧問弁護士として、「商談」の場面から、
違う視点から、皆さんのリスクマネジメントを行います!!

要するに、訴訟など、トラブルの対応を専門とする弁護士の立場から、

・トラブルの芽となり得るものを的確に指摘し、
・それを防ぐための対処法をアドバイスし、
・いざトラブルとなっても、すでに事情を把握しているので、

ボヤの内にトラブルの火を消し止めます!!

不動産取引のトラブルは、額が大きいだけに、
一度トラブってしまうと、それだけで、
あなたの会社が大変なことにもなりかねません。

不動産売買、取引の際に、揉めたり、トラブルになりそうだなと思った方は、一度、お気軽にご相談ください。

不動産売買、取引業を専門とした弁護士が、
あなたのお悩みに即時にご対応いたします!!